RSS | ATOM | SEARCH
ジムスタッフが教える初級者講習 vol.5
皆さま、予定通りの更新が出来ず、お待たせして申し訳ありません。

さて、今回はフットホールドへの足の置き方のお話。

まず、"フットホールドへはつま先で乗る"
これは基本ですが、なかなか始めたばかりの方は出来てないことが多いです。

つま先で乗るのは不安ありますもんね。
これができてないと体が自由に動かせずに、次に動けなくなってしまいます。

それでは、つま先でどんな風に乗ればいいのか?

これには大きく分けて2つの方法があります。
"乗る"と"踏む"です。

まず、乗るというのは文字通りホールドに足をかけ、乗り込んでしまう方法。
これができない方はいないはずです。

出来ないのは"踏む"です。
これは「壁に押し付ける」と言った方がニュアンスは近いと思います。
滑りやすいのっぺりとしたホールドや小さなホールドに乗る場合、上から乗るよりも、壁に向かって押し付ける様にすると滑りづらく、しっかりと足を使うことができます。

必然的に体の重心は壁から離れることになりますが、足が使えることにより腕の負担は軽くなります。
この時のフットホールドは少し高めの位置が最も使いやすく、低すぎると壁に押し付ける事が出来ず、滑ってしまいます。


これが出来ると、フットホールドを選ばなくても登る事が出来ます。
一度お試しあれ〜


分からないことはボルダー&クライミングPEAK‘Nへ!
初級者でも登れるコツ教えます!
ジムでの初級者講習は毎週火曜日と木曜日19:30〜やっています。
途中参加OKで誰でも参加できます!

次回は2/13更新予定です。
テーマは「ホールドを掴まない」です。
次回も是非読んでください。
author:ボルダー&クライミングPEAK'N, category:ジムにて, 10:27
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://peakn.jugem.jp/trackback/2367